中央防災会議

【読み方:ちゅうおうぼうさいかいぎ、分類:防災】

中央防災会議は、内閣府の重要政策会議の一つで、内閣総理大臣を会長とし、防災担当大臣や防災担当大臣以外の全閣僚、指定公共機関の長、学識経験者からなる会議をいいます。これは、災害対策基本法に基づいて内閣府に設置されるもので、国の防災に関する基本計画の作成・実施推進、防災に関する重要事項の審議などを行います。また、特定地域の地震などの専門事項を調査するため、学識経験者からなる専門調査会も設置されています。

・防災基本計画の作成及びその実施の推進
・非常災害の際の緊急措置に関する計画の作成及びその実施の推進
・内閣総理大臣や防災担当大臣の諮問に応じて、防災に関する重要事項の審議(防災の基本方針、防災に関する施策の総合調整、災害緊急事態の布告等)等
・防災に関する重要事項に関し、内閣総理大臣や防災担当大臣への意見具申

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ