しゅう雨

【読み方:しゅうう、分類:気象】

しゅう雨は、対流性のから降る雨をいいます。また、雨とは、大気中の水蒸気が凝結し、水滴となって空から降ってくるものです。通常、気象庁では、「しゅう雨」の代わりに、音声伝達では「にわか雨」や「」を用い、また広域の長時間にわたる場合は「雨」としています。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ