暴風雨

【読み方:ぼうふうう、分類:気象】

暴風雨は、「嵐(あらし)」とも呼ばれ、激しいを伴ったのことをいいます。これは、発達した低気圧台風などによって、風雨が非常に強く、時として重大な災害の発生を伴うような気象状態を指します。また、気象庁の用語説明では「暴風に雨を伴うもの」と簡潔に記され、通常、音声伝達面で「暴風」と「暴風雨」が混同される可能性があるため、天気予報文としては用いず、風と雨について個別に強さを示すとしています。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ