にわか雨

【読み方:にわかあめ、分類:気象】

にわか雨は、降水が地域的に散発する一過性のをいいます。また、雨とは、大気中の水蒸気が凝結し、水滴となって空から降ってくるものです。通常、「にわか雨」の中には、「一時的に降る雨」という意味が含まれているため、冬期の日本海側において、対流雲が次々と通り、晴れしゅう雨が繰り返すような現象に対しては用いません。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ