所により一時雨

【読み方:ところによりいちじあめ、分類:気象】

所により一時雨は、気象庁では、しゅう雨性以外のまたはしゅう雨性の雨と特定できない場合に用いられます。また、しゅう雨とは、対流性のから降る雨をいいます。通常、天気予報でよく使われる「所により」は、現象が地域的に散在し、複数の地域を指定して表現することで冗長な表現になる場合に用いられ、また「一時」とは、現象が連続的に起こり、その現象の発現期間が予報期間の4分の1未満の時を意味します。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ