警報

【読み方:けいほう、分類:気象】

警報は、重大な災害の起る恐れのある旨を警告して行う予報をいいます。これには、気象や地面現象、津波、高潮波浪浸水洪水の警報があり、また気象警報には、暴風や暴風雪、大雨、大雪の警報があります。

一般に警報は、注意報より警戒度が高く、地方気象台などが府県予報区の二次細分区域に限定して、定められた基準をもとに発表します。また、地面現象警報と浸水警報は、その警報事項を気象警報に含めて発表しますが、警戒事項として大雨警報の中で特記事項で表現します。なお、津波警報については、気象庁本庁、大阪管区気象台が、全国を66に区分した津波予報区に対して発表します。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ