ベータ線(β線)

【読み方:べーたせん、英語名:beta ray、分類:原子力】

ベータ線は、代表的な放射線の一つで、ベータ崩壊によって放出される、高速のベータ粒子(原子核の内部より放出される電子または陽電子)の流れをいいます。これは、ストロンチウム90セシウム137などの放射性物質から放出され、その速さは光に近く非常に速いため、原子や原子核と衝突する回数が少なく、物質を突き抜ける距離はアルファ線より長く、大気中で数メートルとなっています。また、透過能力に関しては、薄い紙などは大体貫通しますが、厚さ数mmのアルミニウム板やプラスチック板などで遮ることができます。

一般にベータ線を人体に浴びた場合、外部被ばく内部被ばくの両方の影響を受けます。通常、エネルギーの低いベータ線を放出する核種では、経口摂取等による内部被ばくによる影響を避けることが重要となり、またエネルギーの高いベータ線を放出する核種では、内部被ばくに加えて、外部被ばくを避けることも重要となります。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ