中性子線

【読み方:ちゅうせいしせん、英語名:Neutron beam、分類:原子力】

中性子線は、代表的な放射線の一つで、中性子の粒子線のことをいいます。また、中性子とは、原子核を構成する素粒子の一つで、電荷を持たず、質量が水素の原子核(陽子)の質量とほぼ等しいです。

一般に中性子線は、中性子の流れであり、電気を帯びていないため、原子の中に自由に入り込むことができます。また、そのような性質から透過力に関しては、アルファ線ベータ線ガンマ線エックス線のいずれの放射線より強くなっており、これを遮るには水やコンクリートなど大きな質量の厚い壁が必要となります。

なお、中性子線は、人体の外部から浴びた場合、ガンマ線と同様に組織や臓器に影響を与え、また吸収された線量が同じであれば、ガンマ線よりも中性子線の方が人体に与える影響は大きいです。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ