グレイ(Gy)

【英語名:gray、分類:原子力】

グレイは、放射線量に関する標準単位で、単位質量当たりに吸収される放射線のエネルギー量をいいます。これは、放射線や物質の種類によらず適用されるもので、放射線が物質(人体を含む)に与える影響を評価する際の基本的な物差しになります。また、1グレイ(Gy)は「1kg当たり1ジュールのエネルギー吸収があった時の線量」と定義され、旧単位のラド(rad)からの換算は1Gy=100radとなります。なお、人体に放射線が当たった場合の吸収線量を表す単位には、「シーベルト(Sv)」があります。

ちなみに、本呼称は、イギリスの物理学者のルイス・グレイ (Louis Harold Gray、1905-1965)に由来します。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ