台風の眼

【読み方:たいふうのめ、分類:気象】

台風の眼は、台風の中心付近で、が弱くが少ない部分をいいます。また、台風とは、北西太平洋に存在する熱帯低気圧のうち、低気圧域内の最大風速がおよそ17m/s(34ノット、風力8)以上のものをいいます。

一般に台風は、中心付近に下降気流があるため、中心付近で雲が消え、すっぽり穴が開いているように見えることがあり、また地上では「台風の眼」に入ると晴れ間が覗くことがあります。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ