風水害

【読み方:ふうすいがい、分類:気象】

風水害は、強風と大雨および高潮波浪により起こる災害の総称をいいます。これは、台風や発達した温帯低気圧に伴う暴雨風によって、強風と大雨などによる災害が広範囲に入り混じって発生する場合を指します。

一般に風害と水害の割合は、それぞれの現象毎に異なりますが、例えば、台風では、風害の目立つものを「風台風」、水害の目立つものを「雨台風」などと呼ぶことがあります。なお、梅雨期の台風は雨台風になりやすく、真夏の台風は風台風になりやすい傾向があるそうです。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ