霧(きり)

【読み方:きり、分類:気象】

霧(きり)は、微小な浮遊水滴により、視程が1km未満となっている状態をいいます。また、視程とは、大気の混濁の度合いを表す尺度の一つで、肉眼で目標物を見分けることのできる水平方向の最大距離をいいます。

なお、霧に対して、微小な浮遊水滴や湿った微粒子により、視程が1キロメートル以上10キロメートル未満となっている状態を「靄(もや)」といいます。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ