原子力規制委員会

【読み方:げんしりょくきせいいいんかい、分類:原子力】

原子力規制委員会(NRA:Nuclear Regulation Authority)は、日本において、原子力の安全規制を一元的に行う行政機関をいいます。これは、2011年3月の東京電力福島第一原発の事故を受け、新たに原子力の安全規制を担う国の機関として2012年9月に設置されたもので、原子力推進の経済産業省から原子力安全・保安院を切り離すと共に、内閣府の原子力安全委員会と統合したものです。

現在、原子力規制委員会は、環境省の外局として、原子力規制や原子力防災、安全研究、放射線モニタリング、RI規制、保障措置、国際協力などを担当しています。なお、組織面では「3条委員会」として独立性を担保し、また委員6人は原子力工学や地震などの専門家で構成されています。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ