原子力委員会

【読み方:げんしりょくいいんかい、分類:原子力】

原子力委員会は、原子力基本法に基づき、1956年に設置された、原子力の研究・開発・利用に関する企画・審議・監督を行う内閣府の付属機関をいいます。これは、原子力の研究、開発及び利用に関する政策に関すること、関係行政機関の原子力利用に関する事務の調整に関すること、原子力利用に関する資料の収集及び調査に関すること、法律に基づき委員会に属させられた事務その他原子力利用に関する重要事項に関することについて、企画・審議・決定することを所掌しています。また、本所掌事務を実施するために、「原子力委員会設置法」に基づき、関係行政機関の長に勧告することができます。

現在、原子力委員会は、国会の同意を得た委員長及び2名の委員より構成され、また原子力委員会設置法施行令等により、専門の事項を調査審議させるための専門委員を置くことができます。なお、委員会の庶務については、内閣府原子力政策担当室が担当しています。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ