震源域

【読み方:しんげんいき、分類:地震】

震源域は、地震の発生の際に、地球内部の岩石が破壊された範囲をいいます。これは、地震による破壊が開始した地点である「震源」に対して、地震により破壊された領域全体を指します。

一般に震源域は、余震の分布や地表に現れた断層などから推定され、地震の大きさ(規模)が大きくなるに従って震源域も広くなり、大きな地震の場合は、震源域の広がりが数十kmから数百km程度(時にはそれ以上)になります。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ