大気汚染

【読み方:たいきおせん、分類:環境】

大気汚染は、自然または人工に作り出された有害物質によって大気が汚染されることをいいます。これは、人間の経済的活動や社会的活動、火山噴火等の自然災害、核実験や原発事故などによって、大気が有害物質で汚染され、動植物の生態系や人間の健康・生活などに悪影響を及ぼす事態を引き起こすものです。また、大気を汚染する有害物質には、自動車や飛行機等の排出ガスを由来とする浮遊粒子状物質や窒素化合物、工場等の排煙を由来とする硫黄酸化物や揮発性有機化合物、ゴミの焼却排ガスを由来とするダイオキシン類、核実験や原発事故を由来とする放射性物質などがあります。

現在、大気汚染は、世界的に(特に新興国を中心に)拡大しており、地球環境において、深刻な問題の一つとなっています。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ