光化学オキシダント

【読み方:こうかがくおきしだんと、分類:環境】

光化学オキシダントは、大気中の炭化水素類と窒素酸化物の混合系光化学反応から二次的に生成される汚染物質をいいます。これは、工場や自動車等から大気中に排出された窒素酸化物や炭化水素等の一次汚染物質が、太陽光線に含まれる強い紫外線を受けて光化学反応を起こし生成する、オゾンやPAN(パーオキシアセチルナイトレート)、アルデヒド類など酸化性物質(オキシダント)の総称を意味します。また、これらの物質からできたスモッグが「光化学スモッグ」であり、夏季などの日差しが強く、気温が高く、の弱い日中に発生しやすいです。

一般に光化学オキシダントは、粘膜への刺激や呼吸器への刺激など人に対する影響のほか、農作物などの植物にも影響を与えており、環境面において「深刻な大気汚染物質」として認識しておきましょう。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ