収容避難所

【読み方:しゅうようひなんじょ、分類:防災】

収容避難所は、行政上は単に「避難所」とも呼ばれ、風水害などの災害の発生時に一時的に避難する場所、または地震などの大きな災害の発生時に、自宅が倒壊した住民などが一時的に生活できる場所のことをいいます。

一般に収容避難所は、大きな災害によって短期間の避難生活を余儀なくされた場合に、一定期間の避難生活を行う施設のことで、地域の学校や公共施設などが指定されています。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ