ペレット

【英語名:pellet、分類:原子力】

ペレットは、基本的には、球状または円柱状の物体を指し、原子力発電においては、原子炉の燃料とするために、二酸化ウランやMOX燃料(ウラン・プルトニウム混合酸化物燃料)の粉末(核分裂物質)を圧縮・焼結し、セラミックス質にしたものをいいます。

一般にペレットは、原子炉の形式によって大きさが異なりますが、沸騰水型原子炉(BWR)の燃料の場合、直径・高さともに約1cmの円筒形となっています。また、これをジルコニウム合金製の燃料被覆管に詰めて、密封溶接して燃料棒に加工されます。ちなみに、ペレット1個で、一般家庭の約半年分の電気をまかなうことができます。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ