検潮所

【読み方:けんちょうじょ、分類:津波】

検潮所は、気象庁が設置している、基準面から計った海面の高さである「潮位」を測る施設をいいます。また、同類の施設で、国土地理院が設置しているものを「験潮場」、海上保安庁が設置しているものを「験潮所」と言います。

一般に検潮所は、海岸付近に検潮小屋を建て、その中に井戸を掘り、深部に導水管を取り付けて外海と通じます(立地条件によっては、海中に建てる場合や井戸を必要としない方式を採用する場合もあり)。これにより、井戸の水位が外海の潮位(海面の昇降)につれて変化するため、その高さを浮き式や水圧式などの検潮儀で連続的に観測します。なお、検潮所で観測されたデータは、潮汐のモニタリングや津波の監視にも活用されています。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ