消防団

【読み方:しょうぼうだん、分類:防災】

消防団は、消防組織法に基づき、各市町村に設置されている、自治的な非常備の消防機関をいいます。これは、消防組が戦後に編制替えされたもので、消防長・消防署長の所轄のもと、火災の警報や鎮圧、火災の防除などの活動を行っています。また、そのメンバーである消防団員は、普段は各自の職業に就きながら、平時の予防・防災活動や火災時の消防防災活動に従事します。ちなみに、その身分は非常勤特別職の地方公務員であり、また入団資格は一般的に18歳以上で性別は問いません。

現在、消防団員は、消防・防災に関する最新の知識や技術を習得し、火災発生時における消火活動、地震や風水害といった大規模災害発生時における救助・救出活動、警戒巡視、避難誘導、災害防御活動などに従事し、地域住民の生命や財産を守るために活躍しています。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ