放射性ストロンチウム

【読み方:ほうしゃせいすとろんちうむ、分類:原子力】

放射性ストロンチウムは、原子番号38のストロンチウム (Sr:Strontium)の放射性同位体の総称をいい、代表的なものには「ストロンチウム90(半減期:29年)」や「ストロンチウム89(半減期:50日)」などがあります。また、放射性同位体とは、同位体のうち不安定で、放射線を出して崩壊するものをいいます。

一般に放射性ストロンチウムは、ウランが核分裂する時にできる放射性物質であり、核実験を除けば、通常は原子炉内の核燃料の中などにあります。2011年3月の福島第1原発事故の際には、これが周辺土壌から検出されたため、原子炉か燃料プールの核燃料がそれなりのダメージを受けていたことが裏付けられました。ちなみに、放射性ストロンチウムは、他の放射性物質と見分けがつきにくいベータ線だけを放出することから検出が難しく、実際に土壌に含まれているかどうかを分析する際にはある程度の時間がかかるそうです。

なお、放射性ストロンチウムの人体への影響については、化学的にカルシウムと似ており、体内に入ると骨に蓄積される傾向があり、内部被ばく(体内被ばく)の危険性があります。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ