遡上高

【読み方:そじょうこう、分類:津波】

遡上高は、陸へ上がった津波が到達した標高をいいます、これは、津波が海岸に到達後、陸地をかけ上がり、最も高くなったところの基準面からの高さを意味します。また、基準面とは、津波襲来時の海面の高さ(汀線)をいいます。

一般に遡上高は、気象庁から発表される「予想される津波の高さ」と同程度から、高い場合には4倍程度までになることが知られています。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ