しけ

【読み方:しけ、分類:気象】

しけは、強風のために海上が荒れることをいいます。また、しけるとは、波高が4メートルを超え6メートルまでをいい、大しけとは、波高が6メートルを超え9メートルまでをいいます。通常、気象庁では、予報用語として用いる場合、波浪予報の用語(おだやか、おだやかなほう、多少波がある、波がやや高い、波が高い、しける、大しけ、猛烈にしける)に基づいています。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ