こじ開け

【読み方:こじあけ、分類:防犯】

こじ開けは、ドアの隙間からバールなどを差し込み、強引にドアをこじ開けて侵入する手口のことをいいます。これは、昔からよく見られる手口の一つで、その被害に遭うと、盗難による被害だけでなく、ドアの修理代や交換代など多額の費用がかかります。また、ドアと枠がスチール製であっても、変形に耐えられる程の強度はなく、実際に変形すると、ドアと枠の隙間が広がって、かんぬきが外れてドアが開いてしまいます。

一般に本侵入手口に対抗するには、バールが差し込まれないように「ガードプレート」で隙間を塞いだり、また「補助錠」を取り付けたりするといった方法があります。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ