ワンドアツーロック

【読み方:わんどあつーろっく、分類:防犯】

ワンドアツーロックは、「二重鍵」とも呼ばれ、一つのドアに二つの錠を取り付けることをいいます。これは、ドアの主錠の他に補助錠などを取り付ける、侵入犯に対する防犯対策です。

一般に二つの錠が付いていると、ピッキングやカム送り解錠などの手口を使う空き巣などは、侵入にかかる時間が単純に計算して二倍になります。このようなドアに対して、空き巣などは、侵入に時間がかかるのを嫌うため、ワンドアツーロックにすることにより、犯行を断念させる効果があり、防犯対策の一つとして有効といえます。

なお、家屋においては、玄関のドアだけでなく、勝手口のドアもツーロックにしたり、また窓ガラスについても補助錠やストッパーなどを取り付けたりするとよいでしょう。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ