噴石

【読み方:ふんせき、分類:火山】

噴石は、火山の噴火の際に噴出される、溶岩または火山体を構成する岩石の破片をいいます。これは、その大きさや形状等によって、火山岩塊火山礫火山弾などに区分されます。

一般に噴石は、火山の噴火時に注意する必要があり、時には火口から数キロメートル程度まで飛散することがあります。また、噴石の大きさによっては、落下の衝撃で人が死傷したり、家屋や車、道路などが大きな被害を受けることもあります。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ