砂漠化

【読み方:さばくか、分類:環境】

砂漠化は、元々は植生に覆われた土地が劣化し、砂漠的な状況が拡大することをいいます。これは、世界的な環境問題の一つで、1994年の砂漠化対処条約では「乾燥地域、半乾燥地域、乾燥半湿潤地域における気候上の変動や人間活動を含む様々な要素に起因する土地の劣化」と定義されています。

一般に砂漠化には、直接的な原因(誘因)として、過伐採や過放牧、過耕作、過灌漑などが挙げられ、また誘因に圧力を加える間接的な原因(素因)としては、干魃や人口過剰、政治・経済政策の失敗などが挙げられます。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ