臨界事故

【読み方:りんかいじこ、分類:原子力】

臨界事故は、原子炉以外の場所において、意図せずして臨界させてしまい、何らかの被害が発生することをいいます。具体的には、核分裂連鎖反応が起きている状態にしてしまい、大量の放射線や大量の熱を発生させてしまう事故のことを指し、通常、ほとんどのケースで「青い閃光」が観察されることが多いです。なお、これを防止するために行われる安全管理を「臨界管理」と呼びます。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ