気圧の谷

【読み方:きあつのたに、分類:気象】

気圧の谷は、高圧部と高圧部の間の気圧の低いところをいいます。また、北半球の高層天気図(上空の気象状態を観測結果から描いた天気図)では、等高線が南に垂れ下がった所を「気圧の谷」と言います。

一般に地上の気圧の谷に上空の気圧の谷が接近すると、低気圧が発生・発達します。また、高気圧に覆われていても、上空の気圧の谷が通過すると、一時的に天気が崩れることがあります。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ