気圧

【読み方:きあつ、分類:気象】

気圧は、「大気圧」とも呼ばれ、地球を取り巻いている大気(空気)の重さによって生じる圧力のことをいいます。これは、地表から遥か空の果てまで伸びている柱をイメージした場合に、この柱に含まれる空気全体の重さが地表面積(1平方センチメートル)に及ぼす力であり、すなわち、ある地点の気圧は、その点を中心とする単位面積上で、その上の空気柱の総重量が相当します。

一般に上空ほど空気の層が薄くなるので空気の重さが小さくなり、気圧が低くなります。また、地表での気圧の大きさは、およそ1気圧であり、高さ76cm(760mm)の水銀柱の圧力に相当するため、「1気圧=760mmHg」と表示されます。なお、天気予報で用いる単位は「hPa(ヘクトパスカル)」で、これを用いると「1気圧=1013.25hPa」と表示されます。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ