曇り

【読み方:くもり、分類:気象】

曇りは、天気に関する用語の一つで、気象庁では、雲量が9以上(9割以上)であって、中・下層のが上層の雲より多く、降水現象がない状態をいいます。また、雲量とは、空を覆う雲の割合をいい、全く雲のない0から完全に雲に覆われた10までを、目測によって11段階に分けています。ちなみに、雲量が1割以下を「快晴」、2割から8割を「晴れ」としています。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ