反射材

【読み方:はんしゃざい、分類:原子力】

反射材は、「反射体」とも呼ばれ、原子力発電において、中性子が炉心から漏れ出る量を減らし、より少ない燃料で運転を維持するために炉心の周辺に置かれる物質(材料)をいいます。これは、中性子を吸収することが少なく、よく反射する物質を原子炉の炉心の外側に置くことで、炉心から漏れ出てくる中性子を炉心に反射して送り返す働きがあります。

一般に反射材には、中性子の吸収が少なく、散乱断面積が大きい材料が用いられ、通常は、炉心の減速材と同じ材料が用いられることが多いです。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ