冷却材

【読み方:れいきゃくざい、分類:原子力】

冷却材は、一般的には、反応装置の発熱制御や高温物体の冷却に用いられる物質をいいます。これは、原子力発電においては、原子炉の炉心を冷却し、核分裂反応によって発生する熱を炉外に取り出して、動力源として利用するために用いる物質(媒体)をいいます。

現在、原子炉の冷却材は、炉型によって異なり、軽水炉では軽水(普通の水)、重水炉では重水、ガス炉では炭酸ガス(二酸化炭素)、高速炉ではナトリウムなどが用いられています。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ