原子炉格納容器

【読み方:げんしろかくのうようき、分類:原子力】

原子炉格納容器は、原子炉とその冷却系設備などを収容する容器をいいます。これは、原子炉の安全上において重要な建造物であり、普通、球形あるいは釣鐘形の形状で、鋼製、プレストレストコンクリート製(内面ライナ張り)、鉄筋コンクリート製(内面ライナ張り)の形式があります。また、気密・耐圧構造になっており、原子炉の事故や原子炉冷却系の破損事故などの際に、圧力障壁となって放射性物質が外部に放出されるのを防ぐ役目をします。

2011年の東京電力の福島第1原発事故では、原子炉圧力容器の一部が破損し、さらに原子炉格納容器の一部も破損したため、多くの放射性物質が外部に放出され、日本政府は国際原子力事象評価尺度(INES)に基づいて、過去最悪の「レベル7」と評価しました。

防災用語集の索引

防災用語集の分類タグ